X-T10で撮る東欧 ウィーン編 その2

2016年11月7日から4日ほどオーストリアのウィーンに滞在したときの様子です。Fujifilm X-T10を持ってウィーン市内を歩きました。

この日は青空が見えて歩いていても気持ちよかったです。
ここは滞在していたホテルから近い場所にあるトラム停留所。
DSCF6800

トラムに入り込む日差しも眩しいです。
DSCF6801

このときは郊外のリサイクルショップへ向かったのですが、車で行くような場所にあったので歩いている人はほとんどおらず、、、。ちょっと不安になるくらい歩きました。
DSCF6811

このあとお店は無事に見つかってひと安心。なかなかよい雑貨を購入することができました。

日本へ荷物を送るときに商品の包み紙にも使えるフリーペーパーは貴重です。街中で見つけたときは迷惑にならなさそうな量をいただきます。DSCF6813

市街地に戻り、移動手段のほとんどはトラムです。
DSCF6820

DSCF6844

ウィーン市街地のいろんなところで見かける体重計のようなもの。どうやらお金を払って使うようです。誰かが使っている様子は残念ながら見ることができませんでした。
DSCF6823

帰国したあとに調べてわかったのですが、これは個人の家に体重計が無かった頃に取り付けられたもので、健康管理のために使われていたそうです。
雑に貼り付けてある「KETA」っていう文字は謎です。
DSCF6821

他の場所にもこのように置いてありました。珍しいので妻が一生懸命写真を撮っている姿です…。
DSCF6872

旅は続きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です